佐世保のタウン情報をお届けする生活情報ページ
〜「ライフさせぼ」は、毎週金曜日、65,000部発行。「99View」は、毎月第二土曜日、50,000部発行〜
[NEWS]
[トピックス]

__











着信24『なか1日挟むというもどかしさ』

24.gif

「あ〜、東京行っとったと〜!久しぶり!」と友達に声をかけられるのですが、この約2ヶ月は佐世保で曲作りをしています。東京へ行っているのは、次のリリースに向けての私たちのデモMD。
夏から秋にかけて、松本スタジオで蝉、雨、鈴虫、郵便屋さんのバイクの音、そして汗にまみれながら4チャンネルのMDデータ用MTRにて録音し、歌が生まれては東京都港区の所属事務所へ送るっという日々。
いつも同じ宅配便店に夕方駆け込み送ります。毎回「佐世保から東京までは〜、なか1日挟んで2日かかりますね〜。」と教えてくれる。翌日届くと色々と都合が良いので、料金追加し速達便にも度々お世話になっていますが、普通に送ると2日かかるというこの佐世保から東京までの距離に、今の自分と理想の自分までの距離を重ねてしまいます。強引なすり変え思考でしょうか。
たった1日の差というのが自分の心のどこかを刺激し、妙にもどかしさと焦りを感じ、宅配便店からの帰り道にはそんな事で頭がいっぱいです。
 曲作りのテーマは毎日生まれます。それをどう私達なりに形にしていくか…一曲一曲デモを録る度に充実感もあれば、先ほど書いたように焦燥感もあり、まだまだ落ち着かない制作の日々です。最高の歌がみなさんに届く近い日をイメージしながら、今日もギターと喉を鳴らしています。(花田千草)

« 着信23『ヒゲがヒゲを超えた』 | 一覧表示 | 着信25『秋晴れ』 »




ご意見ご感想About Usプライバシーポリシーライフさせぼ・99VIEWへの広告掲載について