佐世保のタウン情報をお届けする生活情報ページ
そろそろ衣替えの季節ですね
〜「ライフさせぼ」は、毎週金曜日、65,000部発行。「99View」は、毎月第二土曜日、50,000部発行〜

__











着信15『出会い』

15.gif

 結構ここでお話しするのは、宿泊中のホテル周辺で起こった事が多いのです。なにせもう1年以上毎月同じホテルに宿泊してるもんだから納得です。スタッフの人の変化も面白いです。1年前は初々しく見えたあの人は今や新人に仕事を教え、なんだかホテルマンの風格が見えてきたし、これまで何か気が小さそうに(勝手な想像ですが…)見えていたあの人は、こないだ中国語ペラペラで堂々と接客していて意外だった…そんな姿を見ていると(そして毎回ギターを抱えそこで生活する私達の事を、ホテルの人達もいつも見てる訳で…)なんだか必要事項以外は話さない“ただの宿泊客とホテルスタッフ”という関係もそろそろ退屈だなぁと思っていたのです。
そんな時でした。あれは東京でのOFF日だったか…一人で地下鉄に乗り込み五反田駅で山の手線に乗り換えようとした時、同じく渋谷方面へ向かうらしい一人の見知らぬ女性に声をかけられました。『なんと!松千ファンの方?!東京に!!めずらしく声かけられた!!』と一気に調子に乗りかけた私でしたが、よく見ると最近ホテルのフロントで働いている方でした。制服じゃないので気付かなかったのです。ジーパン姿の彼女はまさに同い年くらい。少しの時間でしたが立ち話をしました。松千の曲もネットで聴いてくれたらしく(だけど、CDでも聴いてほしいと思ってしまった。笑)私達が毎月ホテルに宿泊する理由もどうやらうっすらわかっている様でした。『知られていたのね!!』っとちょっと意外でしたが。とても好感の持てる方、仲良くなれたらなぁと思います。
あれからフロントで彼女を見かけると少しホッとしている私がいます。他の人がいるから、(仕事中だし)あの時の立ち話の様にはいきませんが、必要事項の会話だって、張ってた力を少しゆるめて交わせている様な気がします。
“ただの宿泊客とホテルスタッフ”という関係、もう少しだけ柔らかくあたたかい関係になれば良いなと思います。
せっかく出会ったからね!(花田千草)

« 着信14「友との距離、そして気持ちを伝えるということ」 | 一覧表示 | 着信16『初めての一人暮し』 »




ご意見ご感想About Usプライバシーポリシーライフさせぼ・99VIEWへの広告掲載について